意外に盲点!?知っておくと安心なアンテナの交換時期

>

テレビが映らないのはアンテナのせい?まずは原因究明を

本当にアンテナが原因なのか調べてから

突然テレビが映らなくなってしまったら、まずはテレビ周辺の状況を確認するのが先決です。

最初にテレビの電源コードがコネクターに刺さっているかどうかを見て、ブレーカーかコネクターか電源コードのいずれかに異常があるかどうかを調べます。
そのあとに配線や主電源ボタンを確認した上で電源が入らなければ、原因はテレビの故障です。

テレビにエラーメッセージが表示されているなら、取扱説明書などを参考に対処します。
改善されなければ、それぞれのトラブルに対応するサポートセンターなどに連絡する必要があります。
その中でアンテナが原因でエラーが発生している表示が出たら、アンテナ工事の可能性が出てきます。

悪天候で電波が弱くなり受信しにくくなる場合もありますので、落ち着いて原因を探しましょう。

アンテナが原因ならしかるべきところに連絡

アンテナの損傷やケーブルの断線など、アンテナが原因でテレビが映らないとわかったら、自分で修理や交換をするのは不可能ですのでアンテナ設置業者に速やかに連絡をしてください。

ただしアンテナが原因の場合、集合住宅と戸建てでは対処方法に違いがあります。
集合住宅であれば、まず管理会社か大家さんに連絡をして修理の依頼をすることになります。
自分で業者に連絡をするのは、戸建てに住んでいる場合です。

業者連絡の際に心に留めておいてほしいのが、保証期間や原因が適用内であるのかどうかです。
特に自然災害によるアンテナの破損は、多くの業者が保証対象外として定めています。
できれば、こうなる前に保証書の内容を確認したり業者を選んだりしておくのが望ましいです。


TOPへ戻る