設置から何年が目安?アンテナ工事見極めのポイント

意外に盲点!?知っておくと安心なアンテナの交換時期

アンテナにも点検が必要だという意識を持つのが大切

一般的に、アンテナの寿命は10年と言われていますが様々な状況で使用可能年数は違ってきます。 高所に設置されていることもあり、素人目で判断するのは危険が伴います。 まずは自分の家のアンテナがどのような状態かを考え、それから業者に点検や交換を依頼しましょう。

アンテナの状態を確認するところから始めましょう

私たちは普段、テレビが当然のように映る生活をしており、無ければ不便に感じる人も少なくありません。
一方で、アンテナについての意識はどちらかと言えば希薄であり、その存在は忘れられがちです。
アンテナで電波を受信してテレビを見ていますので、アンテナに不具合が生じたら視聴不可能になります。
テレビが映らなくなって初めてアンテナについて考える場合がほとんどですが、それでよいのでしょうか?

アンテナは消耗品であり、しかも多くは屋根の上に設置されています。
もちろん耐久性に優れた素材を使用しているものの、日夜風雨にさらされていることになります。
特に台風が来たりすると、相当なダメージ受けていてもおかしくありません。
万が一暴風に飛ばされていったりしたら、周囲に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

最も理想的なのは、定期的にアンテナの状態を点検することです。
多くの人は、家屋や住宅設備などのメンテナンスは頭にあってもアンテナには無頓着な傾向にあります。
しかしアンテナ倒壊時の被害の大きさを想像すると、決して見過ごしていいものではありません。
自分の家の屋根に穴が開くのはまだましで、他人を巻き込んだら取り返しのつかないことになります。

このサイトではアンテナ工事を考える際のポイントとして、アンテナが現在置かれている状況の把握・テレビが映らなくなった場合のアンテナとの因果関係・工事を頼む上での注意事項とアフターメンテナンスの三つを挙げ、設置年数と合わせて確認していきます。

テレビが映らないのはアンテナのせい?まずは原因究明を

テレビの不調は全てアンテナが原因であるとは限らず、自分で解決できる程度のものもあります。 テレビ本体の故障や接続不良などの疑いがないか、最初に確認作業を行いましょう。 アンテナが原因の場合は、工事費用なども含めて相談しやすい業者を選ぶことも重要です。

先を見据えたアンテナ工事の計画と施工後のメンテナンス

新しいアンテナを設置したから、しばらくは放っておいても大丈夫だと油断していませんか? アンテナはいつかまた交換するときが必ずやってくるのだということを、決して忘れないでください。 そのときがきたらスムーズに進められるよう、点検や交換時期の計画を立てておきましょう。

TOPへ戻る